読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地獄への道 〜バイト編〜

昨夜、至急必要になった25000円。土曜に今の持ち金8200円でお馬さん勝負するという選択肢もあったが、確実に手に入る金も保険として必要だと改心し、新聞の求人広告に入っていた、某大手パン工場の製造補助に応募を決意。日曜の新聞に入っていたので募集終了の可能性は大いにあったが、今日、1,2限を休み、受付開始の10時半に即電話。まだ、受け付けていた。俺としては今日から土曜の夜までやりたかったのだが、電話に出たオネェさんによると明日、明後日、明々後日しか空いてないとのこと。よって、明日、明後日の二日間に決定。それにしても電話で即採用なのね。恐るべき、来るものは拒まず精神。面接があると思って1,2限休んで損したな。これなら、学校から電話すればよかった。作業の手順も分からんが、明日、作業開始の一時間前に来て説明を受けてくれとのこと。一時間でいいのか?まぁ、いいか。これで一応25000円を作るというノルマは果たせそうだ。一安心だ。
ただ、パン工場の製造というのは俺の周りでもすこぶる評判が悪い。Tっ君がバイトした時は「イチゴのヘタ取りマシーン」にされたと言うし、Wジがバイトした時は「レタス洗いマシーン」にされた上に、周囲がブラジル人だらけという環境だったという。大きなシンクに水をためて並んでレタスを洗うそうだが、その並びがブラジル人、ブラジル人、Wジ、ブラジル人、ブラジル人というオセロだったらWジもブラジル人になっちゃうような並び順だったらしい。俺も自我を奪われオートメーションに組み込まれマシーンになるのだろう。『銀河鉄道999』で機械の体を欲しがった鉄郎がアンドロメダでネジにされかけたように俺もパン工場という名のアンドロメダを構成するためのネジに変えられてしまうのだろう。無間地獄だ。
今までクロネコで真冬気温2℃のときにマイナス15℃の冷凍庫の中でお歳暮の仕分けしたり、警備員のバイトをしてる時に女子中学生をカッターで切りつけた通り魔と遭遇したり、色々なバイト地獄を見てきたが今回はどうか。パン工場という無間地獄が目の前に広がっている…

バタ子さんと死と私

バタ子さん。不意に動画でアンパンマンのエンディングの歌を見たんだけどさ、そこで気付いた。バタ子さんってすげぇブス。だいたいバタ子って…
パンを買いに行く、家からわずか150mくらいの間に車に惹かれそうになった。横断歩道を渡っていたら、ウィンカーも出さずに曲がってきた軽トラにだ。とりあえず、運転手を睨み付けておいた。俺が紳助だったら殴ってるでぇ、ホンマ。しかし、死ななくてよかった。軽トラに惹かれそうになったのは二回目だ。一回目は今から5年前、高1の時だ。その日、登校しようとすると雨が降っていたので傘を差して家を出た。放課後、雨は上がっていた。友達の家に遊びに行くことになり皆で自転車を並べて走る。傘はハンドルに提げた。友達の家に近づき、ほとんど車の通らない広い道の真ん中を走っていた時だ。提げていた傘が前輪のスポークに挟まった。その瞬間、前輪がロックされ後輪が浮き上がり、前輪を軸に俺の体と自転車はタテに一回転した。

続きを読む

満員電車で腕ひしぎ

多摩キャンパスには一年の時に必修の体育を受けに行ってた。多摩キャンパスは東京と神奈川の境界にあり、山の中に不気味に広がっている。正門から入ってすぐ横の駐輪場に原付を止めてグラウンドヘ行くのだが山の中だから坂の連続。しかも、かなりの距離がある。どれくらい離れているかというと、門からグラウンドまで学内バスが通ってる。間にはいくつか停留所があるし。バスは学生が多いのでほとんど乗ったことがない。多摩キャンパスに近づくと体の芯に響く寒さに襲われる。山の中だから市街地に比べて如実に気温が低い。俺は原付で一時間ちょっとかけて通ってたから冬は地獄だった。電車でも行けたんだけど、最寄の駅からさらにバスを使わなければならないのでやめた。

続きを読む

巨神兵

朝、起きれば当然、学校には行きたくない。しかし、今日は語学のスペイン語が2コマあるので休めない。行きたくない心を殺すために西武の豊田よろしく頬を拳で殴りつけて、己を奮い立たせた。お腹が痛かったのでトイレに行く。出るには出たが、どこかに(※1)残糞感がある。しかし、時間もないので志半ばで家を出た。途中で断念したのが非常に悔しかった。まさに断腸の思いだ。「魂はトイレにおいてきた」そう自分に言い聞かせた。フランスW杯の時に代表落ちしたカズが似たようなことを言っていたような気がするが、多分、気のせい。後ろ髪を引かれながらも駅へ。

 

学校に着いても腹が痛む。大腸から何かが外に出たがっているのを肛門括約筋がかろうじて押さえ込んでいるようだ。「アカン!これは4限までもたない」そう考え、1,2限のスペイン語が終わると即帰宅。市ヶ谷の駅に行く途中に腹の具合を探るために人気のないところで軽く放屁してみる。まだ、大丈夫だ。(※2)モラルハザードも気にしている暇はなかった。


急いで、家に帰る。すぐにトイレへ。すると、瞬きを一回するかしないかの時間をおいて、俺のケツから『風の谷のナウシカ』に出てくる腐った巨神兵が出てきた。どうして!?オウムはどこにもいないのに…

フテ寝

競馬がまったく当たらないので昼前に帰宅しました。親がどっかへ遊びに行ってたので昼飯を買う予定だっ
たが、お金は忽然と財布から消えている。台所に『黒糖かりんとう』があった。それで腹を満たすことにし
た。飽きるね〜。かりんとうってすぐ飽きる。どうりでかりんとうを主食にしている国がないわけだ。なぜ、かりんとうを主食にしている国がないのかという有史以来、人類が抱えていた問題はこうして解決を迎えた。

 

 

競馬が当たらないのでフテ寝。目が覚めたらガタガタしてた。自分の足を見たが貧乏ゆすりではなかった。
地震だった。震度3。Mリタ氏と競馬についてメール。男はどんなことにも動じず、己の道を突き進まねばならない。だから、地震でも競馬メール。買えなかった午後のレースはことごとく当たっていた。皮肉だ。特に東京10レースの馬連60倍は◎○の一点で当たっていただけに生きる気力を失う。
地震と言えば、俺は大学でそんな勉強もしている。特に去年は災害対策の講義をやたらにやらされた。今年はエネルギー問題だ。もし、東京に震度7くらいの直下型の地震が起きたら我が家は微妙だがちょっと離れたMライくんの家など我が家より危ない。地震は地層や建物の造りなどによって、近い家でも被害はぜんぜん違うからね。

心構え

突然の病宣告 〜元・プロ野球外国人選手を例にして〜
いきなり、病を宣告された。
以前、阪神に所属し、退団後メジャーでホームラン王にも輝いているセシル・フィルダー氏が失踪したとの記事を見た。どうやら、ギャンブルで多額の借金を抱えたことによるらしい。その記事の中にフィルダー氏の知人の話が載っていた。「英雄が悪い人間になったというのではなく、病気になったという話。彼にとってギャンブルは病気だ」
これで、俺のカルテに新たな病名が加わった。
気管支喘息、右肘内側靭帯損傷、親知らず、ギャンブル。こうなると、いつ死んでもおかしくないな。
フィルダー氏の話になるが、彼は金を返せないのではなく、あえて返さないのではないだろうか。
俺の尊敬する夏目漱石の『坊ちゃん』にはこのようにある。『他人からの恵を受けて、だまっているのは向うを一と角の人間と見立てて、その人間に対する厚意の所作だ。割前を出せばそれだけで済むところを、心のうちで有難いと恩に着るのは銭金で買える返礼じゃない』
俺は人におごってもらった時、いつもこういう心構えでいる。

10月に聴くべき曲

目が覚めたら、LINE着信で寝過ごしたことに気づく。今 日は1〜4限までで1、2限は出ておきたかったところだが仕方ない。ダッシュで家を出ても4限のゼミに
しか間に合わない。ゼミはもう発表が終わってるので無理していくことはないかという結論に至り、今日も
お休み〜。大体、家から大学まで1時間チョイかかるのが悪い。市ヶ谷とか四谷に住んでたら、もっと勤勉な学生になれたのに。ただ、高校は自転車で7,8分だったのに「こたえてちょーだい」を見てから登校していたことは誰にも言えない秘密である。
大抵、俺は通学中は音楽を聴いている。シャカシャカ音が周りに漏れていないかビクビクしながら、極めて小さな音量で。
そこで10月にマッチする曲が自分の中にないことに気づく。自分は季節ごとにテーマソングを持っている。

 

冬や夏は選曲に迷うことはない。夏なんかは7,8,9月に区別され、さらにその中で上旬、中旬、下旬と分けられている。特に8月末から9月上旬なんかは大混雑だ。
それに比べて10月はガラガラだ。孫正義のアタマのようだ。10月はもっさりしたイメージがある。あるときは白いブリーフ、あるときは昔、ダイエーにいたトラックスラーのようなもっさりだ。
そんな10月に聴くべき曲はあるのか、私は知らない。