読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IQと財政破綻と私

あぁ〜日付変わっちゃったよ。
夕方、Mライ君から電話が来て、Uノちゃんの家に遊びに行った。7時からテレ朝で放送されたIQを計る番組「テスト・ザ・ネイション」をみんなでやろうということだった。一応、参加してる感覚を高めるためにローソンで専用解答用紙をもらいスタンバイ。開始直前に高校の時の友達のFカセ君も合流。Fカセ君とは高校を卒業して以来の再会で2年半ぶりだった。俺、Mライ君、Uノちゃん、Fカセ君の四人で参加。要はテレビで放送される問題を解いていき、その正解数で自分のIQが分かるというもの。しかし、放送時間が3時間と長くいくら高得点をたたき出しても何も賞品もないという状況ではモチベーションを保つのが大変なんだねぇ。同じ長時間番組でTBSの「オールスター感謝祭」という番組にいつも友達と参加している。この番組は大体3万人くらい視聴者が参加し一位になると50万円もらえるのだ。過去に参加した感覚だと自分の脳なら一位になるのもそう難しくない。9月にあった時も4時間半の番組のうちラスト45分くらいまでは3万人中1位をキープしていた。ただ、この感謝祭の難しいのは視聴者はケータイで参加しているために電波が悪くなったり、参加中に電話やメールが来たりすることだ。しかも、3万人も参加しているためにサーバーが落ちたりする。結局、前回はラストの30分で電波が届かなくなったり、緊張でミスタッチしたりで最後の問題で15位に落ちてしまった。ただ、過去しっかり参加した3回は14位、25位、15位と安定してるので電波状況さえしっかりしてれば、一位を獲るのは難しくない。この番組は時間は長いが賞金がある分、モチベーションが続くのだ。さぁ、今回の場合、賞金はない。あるのは名誉だけ。一応、すべて参加したし後半はモチベーションが下がったがそれなりにベストは尽くした。だが、俺のIQは110だった。マークミスもあったのだが、正直、もうちょっとあると自惚れていた。言語、記憶、理論、数、知覚の項目があって平均を下回ったのは一つもなかったとはいえ、大いに不本意だ。まぁ、でもIQが高いからって頭がいいわけじゃないしね。逆も言えるんだけど。一番よかったのはMライ君でIQが130近くあった。UノちゃんとFカセ君は俺と同じだった。Uノちゃんとは項目の得点をグラフに表した形もほとんど同じだった。驚いたのは、Fカセ君で論理や数は平均を下回っていたのに言語や知覚が9割以上の得点を示していた。グラフの形が思いっきり偏っていた。これくらいキャラがあったほうがいいね。ちなみに俺とMライ君は同じ大学でUノちゃんはA学、Fカセ君は浪人である。Mライ君は東大生の平均よりIQが高かったので今の大学を辞めて東大に入り直すと鼻息を荒げていた。
番組が終わり、雑談していると俺のケータイにメールが着た。先日、入れてもらったMライ君の中学の友達の野球チームのキャプテンからだ。「ユニフォームできたのでお金払ってください。出来れば7日に」と。「25000円です。」の文字が小さなモニターに浮かび上がる。俺の財布には60円。換金してない馬券が8210円。8210+60=8270円。足りん!ピンチ。顔が白くなりかけた俺にMライ君が「薬飲む人体実験のバイトすれば」と一言。土曜日に勝負するか?とりあえず、新聞の広告を探し短期で即払いのアルバイト募集を探す。一個あった。火曜に募集が出たので、まだ募集してるか分からないが、今、履歴書書いてる。明日、朝電話してみる予定。