読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軟弱尻と惰眠とゼロハリと私

朝起きてトイレに行って、便座に腰を下ろしたときに思った。便座ヒーターってふざけていると。ウチの便座には便座ヒーターなる文明の利器が設置されている。依然住んでいた家ではついてなかったのだが。今の家は便座がO字で便座カバーがつけられないために便座ヒーターがついているのだろうか?そもそもO字の便座カバーがあるのかないのかも、よく分からないが。

便座ヒーターはそれこそ、冬の寒い日に便座がヒンヤリして尻が悲鳴を上げるのを防ぐためにあるものだと考察する。ただ、それだけのために開発されたものである、便座ヒーターとは!なんて、ふざけたアイテムなんだ。尻をヒヤッとさせないことしか活躍の場がないのだ。哀れ、便座ヒーター。あぁ、無情。レ・ミゼラブル

 

そもそも、俺がふざけていると思うのが便座ヒーターを求める軟弱尻たちである。そんな一瞬のヒンヤリも我慢できんのか!?そんなことでは戦場で生き抜いていけないぞ!だいたい、一番、熱いのにしたら尻にO字のヤケドするくらい熱い。あの熱さはどれくらい尻の皮の厚い人なら耐えられるのだろうか?俺は知らない。

考えて欲しい。便座ヒーターは電力で動いている。つまり、軟弱尻を暖めるために膨大なエネルギーを費やしているのである。お前の尻は地球に優しくないぞ。

 

便座を暖めるだけなら、豊臣秀吉でも出来るぞ。そんなに暖かい便座に座りたいなら、便座を常に懐に忍ばせて携帯しろ。好きな女の子がトイレに行く時に懐からホカホカの便座をスッと差し出したらモテるかもしれないなぁ。
他にも暖かい便座に座る方法はある。人が出たばかりのトイレに突入しろ。嫌な温もりが便座にあるはずだ。そんなのは嫌だ?否、それこそ人と人とのつながり、尻と尻とのコミュニケーションだ。現代社会に足りないものが見えてくるはずだ。

そんなことを考えながら、俺は便座ヒーターの目盛を2から1に下げた。消すことが出来なかったのが俺の尻が半人前な証拠だ。

 

——便座ヒーターは今もアナタの尻を静かに待っている。


今日、四限で教卓の真ん前の席にもかかわらず、睡魔に負けてしまった。寝たといっても多分、1分位だが、席のせいで先生にすぐに起こされた。その勢いで帰りの電車に乗り込んで、図書館で借りた『屍鬼』の文庫を座って読みながら寝入っていると、突然、右肩に激痛が走った。網棚の上から俺の向かいに立っていた人のゼロハリのアルミかなんかのカバンが落下してきたのだ。寝ていた俺は「オゥッ」と短い悲鳴を上げて目覚めた。さすが高級ビジネスカバン。俺にはダメージを与えたが、カバンにはダメージはない。俺にダメージを与えた張本人である正面に立ってた人は、こっちが引くくらいに慇懃に謝罪をしてきた。俺はモンゴルの草原のように広い心を持っているので笑って許す。そして、また深い眠りについた。

しかし、今になって思うと、あれは俺に対するテロだったのではないか?危ないところだった。危機は常にすぐ側まで迫っているのだ。そう学んだ。俺はまた一つ大人に近づいた。

惰眠を貪る男

魔女に毒リンゴを食わされたとしか思えない。

今日は大学がないので明日ある手付かずの二教科の試験勉強をしようと昨日の時点では思っていた。

しかし、俺が眠りについた後に魔女が来て、野獣のようなイビキをかき鳴らす俺の口の中に毒リンゴを放り込んだのだ。

だから起きたらタモさんがテレビの画面の中で暴れまわっていたのだ。

4時に寝たから8時間以上寝ていたことになる。
ただ、ここで起きて勉強を始めれば、普段よりちょっと寝すぎただけで魔女の存在を疑うこともなかった。

しかし、俺は飯を喰ってから15分もしないうちにまた眠くなってしまいベッドに入った。『ごきげんよう』では真鍋かをりが喋っていたのは記憶にある…。

二度目の起床。時計を見たら6時50分。俺はいつも学校に行く時は6時57分に起きるので、普段の癖で「あぁ、朝か…」と思ってしまった。

 

夜だった。昼の一時過ぎに二度寝して夜の七時前に起きた。二度寝で6時間も寝てしまった。今日の睡眠時間合計で14時間だ。まるで赤ちゃんだ。バブー。

結局、試験勉強を始めるのが予定よりも大幅に遅れた。まだ、一科目目さえ終わっていない。

柳田國男の弟子の折口信夫について調べまくりだ。そういえば先日、宮崎県に行ったときに「俺の家に昔、柳田國男が泊まったことがあるっちゃが」という地元の青年がいた。村人も皆、「そうっちゃが、本当だっちゃが」と俺に自慢してきた。

たしかに宮崎県といえば日本最初の民俗学の出版物『後狩詞記』が書かれたり柳田國男縁の地だしねぇ。「日本の民俗学発祥の地」なんて碑も建ってたし。でも、村の民俗資料館みたいなところには『デューク・エイセス』のコンサートのポスターばっかり貼られていた。村はデュークエイセスフィーバーだった。

まぁ、そんなことはどうでもいいんだけどさ。
とにかく俺のこの謎の14時間の睡眠だ。本当に魔女以外考えられない。
なぜかって?
だって、俺まだ、眠いんだもん。
まだ、毒が体に残ってる。
明日は試験なのに…。眠気と戦わなきゃ。

誰かが魔女狩りしてくれればいいんだけど。
魔女はきっとカルロス・ゴーンみたいな顔をしているはずだ。

不眠不休65時間継続中とヤケドと野球と私

まだ寝ていない。今回は土曜の夜から。
バイト二日目。とはいえ最終日でもある。初日は精神的にも肉体的にもヒドイ状態に追い込まれたので、どうなることかと思ったが二日目は一転して楽な部門に回された。最初はひたすらパンにソーセージをのせる仕事。そのあとはベルトコンベアの出発点に立ち、パンの乗ったトレイを流し続ける仕事。これは肉体的には疲れたが簡単な仕事なので精神的疲労はゼロ。しかし、このあと灼熱地獄に送られた。たった今、焼きあがったパンの周りを囲っている丸い枠を外す作業だ。軍手を二枚重ねても飛び上がるほど熱い。なんせその枠を持った瞬間、軍手がこげるくらいだから。その作業中、俺はヤケドした。右手の手首から5センチくらい下を横に小指の長さくらい。正直、その瞬間はたいしたことなく、ちょっと痛かったくらいだったのだが4時間後、バイト終了して着替えている時に腕を見たら線状に真っ赤に腫上がり水ぶくれになっていた。でも、そんなに痛くないので無視。怪我は基本的に無視するタイプだ。バイトはラスト3時間ぐらいは何回もトイレに行ったりして出来るだけ作業をしないようにした。努力しないように努力する男の本領発揮だ。終了後、二日分の給料2万円を頂く。前回、諭吉を見たのはいつだろう。思い出せないくらい昔だ。帰りにコンビニで競馬エイト、コーラ、ガリガリ君を購入。シャワーを浴びながらガリガリ君にむしゃぶりつく。体力が回復した。ボーっとテレビを見てたらいつの間にか9時を回っていた。
何の予想もせずに競馬場へ。Mリと合流。俺は3レースから参戦。一番人気の1.7倍の単勝に1000円。当たった。午前中はこれで打ち止め。午後のレースをパラパラ買い、急いで帰宅。
猛烈な勢いで飯を喰い、すぐに草野球に向かう。ちなみに当然ここまで寝ていない。しかも土日の二日間で飯は2回しか喰ってない。
練習内容は試合形式に近いバッティング。俺は足を上げるタイミングに迷いがあり、只今、フォーム改造中だったのだが考えれば考えるほど体が動かなくなっていく。思い切って一番最初のフォームに戻したところジャストフィット。今までの悩みはなんだったのか。寝不足で力みがないのがいい方に働いたのかも。『巨人の星』の最終回の伴のように。ノックは相変わらずでショートバウンドなんかは獲れる気がしない。DHにしてもらいたい。練習が終わり、ユニフォーム代として25000円支払う。二日間のバイトの成果はわずか10時間しか俺の財布にいなかった。そして、また俺の財布は小銭だけになった。サラバ諭吉。サラバ寝不足の俺。これから、65時間ぶりに寝ます。いい夢が見られますように…(富豪か淫夢)

 

俺は怒ってる!いや、大いに憤っている。

みんながどう思ってるのか知りたい。昨日の夜から朝6時まで、俺は某大手パン工場バイトに行った。俺は食品系のバイトをするのは初めてだった。友達で食品系のバイトをした連中はみんな一様にこう言う。「あそこの(自分のバイトしてた店、企業)の食い物は絶対に喰わない」と。

そして、俺もその例に漏れずそう思った。誰でも知ってる大手である。俺の保身のために実名は挙げないがみんな知ってるはずである。ヒドかった。あんまり、内容を書くと訴えられたりしそうなので書きません。

 

保身です。でも、俺はそこのパンを買うことは二度とないでしょう。ちなみに俺はひたすらピザまんに熱々に熱したコテで『ピザ』という焼き印を押しまくりました。だいたい、3000個くらいに押したと思う。もう、一日で一生分の『ピザ』という文字を見た気がする。今まで人に『ダメ人間』の烙印を押し続けられた男がピザまんに『ピザ』の焼き印を押し続けたのだ。たまに『ピザ』の文字が真ん中からズレると社員のジジィが「こんなの商品にならねぇよ」と言ってゴミ箱に投げ捨てます。とても食品を扱う仕事に就く人間のすることとは思えませんでした。

俺は、そんな少し焼き印がズレたものより、この会社の作業工程から作られるモノの方が商品にならねぇだろと思った。いや、しちゃいけないのだ。バイトが終わりに近づきゴミを整理することになった。

 

ゴミというのは焼き印のズレたピザまんや形がちょっと歪んだ肉まんなどである。俺は肉まんをだいたい500個くらい捨てた。まだ、当然食べられる、ただ形が悪いだけの食べ物を。もの凄い抵抗があった。社員の人は何も考えずにポイポイ捨てていた。少なくとも俺には何も考えていないように見えた。今日、俺の目の前で捨てられた食べ物だけで恐らく、新潟の被災者たちが10日は確実に三食喰える。そういうこと考えてると凄く疲れたし、苦痛だった。わからないけど、食品の会社にいるからこそ、そういうことに鈍感になってしまうのだろうか。

夏目漱石だったら俺のこんな考えを『アンコンシャス・ヒポクリット』と言うのだろうか。今日の夜、俺はまた食べられる食べ物をゴミとして捨てる。何も考えないようことにしようか。

IQと財政破綻と私

あぁ〜日付変わっちゃったよ。
夕方、Mライ君から電話が来て、Uノちゃんの家に遊びに行った。7時からテレ朝で放送されたIQを計る番組「テスト・ザ・ネイション」をみんなでやろうということだった。一応、参加してる感覚を高めるためにローソンで専用解答用紙をもらいスタンバイ。開始直前に高校の時の友達のFカセ君も合流。Fカセ君とは高校を卒業して以来の再会で2年半ぶりだった。俺、Mライ君、Uノちゃん、Fカセ君の四人で参加。要はテレビで放送される問題を解いていき、その正解数で自分のIQが分かるというもの。しかし、放送時間が3時間と長くいくら高得点をたたき出しても何も賞品もないという状況ではモチベーションを保つのが大変なんだねぇ。同じ長時間番組でTBSの「オールスター感謝祭」という番組にいつも友達と参加している。この番組は大体3万人くらい視聴者が参加し一位になると50万円もらえるのだ。過去に参加した感覚だと自分の脳なら一位になるのもそう難しくない。9月にあった時も4時間半の番組のうちラスト45分くらいまでは3万人中1位をキープしていた。ただ、この感謝祭の難しいのは視聴者はケータイで参加しているために電波が悪くなったり、参加中に電話やメールが来たりすることだ。しかも、3万人も参加しているためにサーバーが落ちたりする。結局、前回はラストの30分で電波が届かなくなったり、緊張でミスタッチしたりで最後の問題で15位に落ちてしまった。ただ、過去しっかり参加した3回は14位、25位、15位と安定してるので電波状況さえしっかりしてれば、一位を獲るのは難しくない。この番組は時間は長いが賞金がある分、モチベーションが続くのだ。さぁ、今回の場合、賞金はない。あるのは名誉だけ。一応、すべて参加したし後半はモチベーションが下がったがそれなりにベストは尽くした。だが、俺のIQは110だった。マークミスもあったのだが、正直、もうちょっとあると自惚れていた。言語、記憶、理論、数、知覚の項目があって平均を下回ったのは一つもなかったとはいえ、大いに不本意だ。まぁ、でもIQが高いからって頭がいいわけじゃないしね。逆も言えるんだけど。一番よかったのはMライ君でIQが130近くあった。UノちゃんとFカセ君は俺と同じだった。Uノちゃんとは項目の得点をグラフに表した形もほとんど同じだった。驚いたのは、Fカセ君で論理や数は平均を下回っていたのに言語や知覚が9割以上の得点を示していた。グラフの形が思いっきり偏っていた。これくらいキャラがあったほうがいいね。ちなみに俺とMライ君は同じ大学でUノちゃんはA学、Fカセ君は浪人である。Mライ君は東大生の平均よりIQが高かったので今の大学を辞めて東大に入り直すと鼻息を荒げていた。
番組が終わり、雑談していると俺のケータイにメールが着た。先日、入れてもらったMライ君の中学の友達の野球チームのキャプテンからだ。「ユニフォームできたのでお金払ってください。出来れば7日に」と。「25000円です。」の文字が小さなモニターに浮かび上がる。俺の財布には60円。換金してない馬券が8210円。8210+60=8270円。足りん!ピンチ。顔が白くなりかけた俺にMライ君が「薬飲む人体実験のバイトすれば」と一言。土曜日に勝負するか?とりあえず、新聞の広告を探し短期で即払いのアルバイト募集を探す。一個あった。火曜に募集が出たので、まだ募集してるか分からないが、今、履歴書書いてる。明日、朝電話してみる予定。

二人乗りと馬肉と私

二輪車二人乗り禁止という標識。俺は普通二輪の免許は持っているが、原付しか持ってないので、今は専ら後ろに乗るほうだ。馬券が当たるから、近いうちにPS250かFORZAを買いたい。

二人乗りと言えば、どこか青春のにおいがする。俺は自転車二人乗りした娘好きになっちゃう病という奇病に蝕まれている。今まで二人乗りした女の子に恋心を抱かなかったことはない。
とはいえ、考えてみれば二人乗りする娘は既に好きな子か、そうじゃなくてもイイと思ってる娘に限られるので、その結果も当然なのかもしれない。嫌いな女が後ろに乗ってこようとするところを想定すると、一度、離れて距離をとり、力の限りペダルを踏みしめ加速してその女に延髄斬りを喰らわせるしか、対処法が浮かばないのが悲しいところだ。

今日、菊花賞の枠順が発表された。また、キングカメハメハの故障も発表された。俺は馬肉を食べない。しかし、食べてしまったことが二度ある。悲しい事故だった。

オレオレ詐欺と天才プロファイラーと私

ニュースで新潟の地震に便乗したオレオレ詐欺が現れたというのを聞いた。オレオレ詐欺と言うと遠い外国の話だと思っていたが、先週、我が家にもその時代のビッグウェーブが到来した。朝の8時45分に電話が来た。その日はたまたま、っていうか例によって学校をサボっていたのでオレは家にいた。電話に出る。「はい、イケダですけど」、とても人当たりのいい声で応対。何か、相手側の後ろがザワザワしている。『カイジ』の観客ぐらいザワザワしてた。

 

すると、突然、電話から声が。「…(俺の名前)……(俺の名前)」、最初は俺の名前を吐息交じりで呼ぶので俺を狙うホモからの電話かと思ったのだが、すぐに今、巷で流行の最先端を行くという『オレオレ詐欺』なんだと気付いた。しかし、犯人が馬鹿なのは俺が電話に出てるのに俺の名前を語っていることだ。俺は朝早くから、ホモの誘惑に間違えられるような電話をかけてる奴の姿を想像して笑ってしまった。そのせいで、一分もたたないうちに電話を切られてしまった。悔しい。もっと、話を聞きたかった。面白いネタを逃したことを思い、シャツの袖を噛んだ。
そのことを高校の友達でやってる掲示板に書くと、どうやら皆にもかかってきた模様。高校の名簿が漏れたようだ。許せない!何が許せないって俺より先に名簿を金に変えた奴がいるってことだ。
友達の話を聞くと、皆ちゃんと面白を拾っている。どうもクラス順にかけてるようで、3組の俺は8時45分。7組のKダマ、Oカベ君、Uノちゃんらは10時台にかかってきてる。Kダマは家で寝てたら、かかってきて母親が出たそうな。今、家でグースカ眠っているKダマがいるにもかかわらず、「組長のベンツに当て逃げして、捕まえたから500万払え」と言ったそうだ。そんなナイスなネタはなかなか無いので羨ましい。Kダマにジェラシー。Oカベ君は寝てるところにかかってきたのでキレたら、詐欺師が逆ギレして「すし100人前送りつけてやる」といわれたそうな。漫画だ。まさに漫画の脅しの文句だ。こんなレアなセリフを聞けたOカベ君を妬んだ。Uノちゃんの母親が笑っていたら、詐欺師は「これがオレオレ詐欺だから気をつけてください」と言ったらしい。なんて、いい犯人なんだ。他の友達は不在や留守電で電話に出れなかったことを悔やんでいた。


ここまでを鑑みて、犯人は本当はホモで寝起きでお腹の空いてる人のために出前をとったり、善良な市民に詐欺に対する注意を促しているとても、優しいイイ人というプロファイリングが出来る。ただ、それだとKダマの件だけがつじつまが合わない。そこでたどり着いた結論!Kダマは本当に当て逃げをした。間違いない。家で寝ていたというのも怪しい。


500万請求されたのを逃れるために、本来、被害者のはずのベンツオーナーをオレオレ詐欺師に仕立て上げたのではないか。掲示板でKダマは自ら詐欺マニアを名乗っていたのも今となっては意味深だ。さっき、Kダマにメールで確認したら当て逃げしてないと言った。
たとえKダマが言うことが嘘でも俺はKダマを信じてやらなければならない。それが男と言うものだ。
皆さん、オレオレ詐欺に気をつけて下さい。